かのコレ

キャスト発表されたときだけ元気になる茶の間

病んだオリキに見てほしい「脳内ポイズンベリー」という映画

明けましておめでとうございます。かのこです。2018年始まりましたね。

久々に会社に出社したら年末までやってたことなんも覚えてないし 、しかもなんか年末にうっかり書類を三途の川に捨之介しちゃったようなしてないような気もしなくもないような٩(•౪• ٩)

※シュレッダーは三途の川のオマージュ

あっれ~??さすがに捨之介はしてないとおもうんだけど…と思いながら書類探してるうちに3日間終わりました(書類見当たらぬ顔の蘭兵衛をきめこむ)

 

今週から本気出す。

 

年明けびっくりしたのはあれですね

 

新垣さん離婚したん(^ω^)

 

早ッッッ

 

推しの結婚もスンッてなるけど、推しの離婚はもっと嫌だなと思った年始め(^ω^)

 

自由なご時世ですから結婚も離婚も好きにしたら良いと思うのだけど、多かれ少なかれファン離れさしてまで結婚したのだから幸せになってほしいよね……

そして推しを降りたファンは、それ以上に幸せになってほしいね……

 

新垣さんのりさ子繋がりで…うわーりさ子っぽーいと思ったので、つい先日見た映画の話するね。

こちらです。

脳内ポイズンベリーっていう映画

ちなみにわたし原作の漫画は読んで5分で挫折しました(ごめん)

 

 やーただ単純に神木きゅんと眼鏡の西島秀俊に癒されたいだけのあれだったんですけど

なんだこれすごいこじらせオリキ映画じゃねえかよ!!!

ポップなりさ子(^ω^)

たぶんね、普通の人は終始イライラして終わるだけだと思うんだこの映画…www

こじらせオリキに響く作品だなと思いました。

推しに疲れたオリキはちょっと元気をもらえる…………かもしれない(^ω^)

 

ディズニーのインサイドヘッドって映画わかりますかね?

主人公の女の子の感情(喜びや怒り)をキャラクターにデフォルメし、女の子の脳内でそれぞれのキャラクターたちがあれこれ揉めたり協力しながら感情や人格をコントロールしていってるんだよっていう話。

記憶や精神のメカニズムが大変わかりやすく表現されており脳科学や心理学に触れたことある人ならおぉ~!ってなると思う。

ちなみにこちらの映画も大変おすすめです。わたしはくっそ泣いた。 

子供向けかと思いきやグッとくるのは大人。

 

 

簡単に言うとこの、インサイドヘッドメンヘラ女版ってかんじです。

かわいい神木くんや素敵な眼鏡の西島秀俊は主人公「いちこ」の脳内に存在する喜怒哀楽の感情に当たるわけです。

映画や漫画って主人公の心情は本人のモノローグで表現されるのが普通ですが、そういうシーンはこの映画は感情たちの脳内会議で表現されるわけです。

いちこちゃんが葛藤してる場面は、大丈夫だよ~!なんとかなるって(^ω^)みたいな楽天神木隆之介(かわいい)と、いやむりむりむりむりつらいむりぜったいやだやめようみたいなネガティブ吉田羊がとっくみあいの喧嘩をしてる横で理性の西島秀俊(素敵めがね)がゲンドウになってる絵面になるわけですね。 

有名なマサル会議です

キャンディーのつかみ取りにオンディーが混ざってたりするやつです

 

そういう感情表現もおもしろいんですが、主人公いちこちゃんは人間関係に不器用でなんかいつもきょどってるしあまり自己主張をしない内向的な子。

気だるげクズ古川雄輝キモ爽やかのソンハの間でフラフラフラフラ…(呼び名よ)

とにかくまーイライラするんだわ(^ω^)

いや、ほんとやめなよそんな男

 

我らのソンハ先生の告白シーンとキレ芸は見ものですwww

キモキュン

 

古川雄輝気だるげゆとりクズがすごくてね!(ほめてる)

気だるげクズといったら忍成修吾窪田正孝かみたいな話だけど古川雄輝覇気のない気だるげゆとりクズもなかなかですよ!(すごいほめてる)

若手クズ物件も豊富だな!(藤原竜也がいる限りクズ界は安泰です)

 

この、覇気のない怠惰的ひょろひょろ気だるげクソゆとりクズに入れ込むいちこちゃんがもうほんと若手俳優にのめりこんで勝手に病んでく2、3年目のオリキのようで辛い。

案の定2人はケンカが絶えずに、せっかく良い雰囲気になっても、どちらも大人げない態度を取り、ふてくされてもういいよ!!みたいになって。※いちこちゃんが30、早乙女(古川の役名)が美大生?フリーター??設定

 

2人ともお互いのことは好きなのに、いや違うな、好きだからこそ、相手のちょっとした言動にイラッとしたり、勝手に解釈して傷ついたり、言葉足らずで自分の心情をうまく相手に伝えられなかったり、言いたいことを飲み込んでしまったり、言葉にせずとも相手はわかってるであろうっていう謎の思い上がりとか、「なんでわからないの?察して」「言葉で言わないとわからないよ」の押し問答とか、ほーんともうぜんぶ「それ!」ってなる。

いや、おまえらそんなケンカするならさっさと別れろやって思うんだけどやっぱり情があるから好きだからダラダラと関係を続けてしまうし、会ったら「好きー!」って思うんだよね…

なんかね、ブラック企業に勤める社畜みたいなもん。やめたいのにやめれない。

これな、この堪え忍ぶことが美徳とされるこの国の謎の「やめる気力があるなら続けられる」「辛い思いしたほうがより良い」精神論な。何なんだろうな(^ω^)?

修行僧かよ

 

マジ若手俳優と2、3年目のオリキの図。

 

誰だって好きな人と一緒にいたいし、会ったら穏便に仲良く楽しく過ごしたいじゃないですか。

元々引っ込み思案でビビりないちこちゃんはだんだんと早乙女の前では感情を押し殺して作り笑顔で言葉を濁し、波風立てずにやりすごすようになります。

好きな人と一緒にいたい、うまくやりたい、だから、無理して我慢して相手に合わせて…でもそんな状況長く続くわけがない。

早乙女が作ったオブジェ、たぶんいちこちゃんと早乙女を象徴するチューリップとお魚。

早乙女にテーマを聞いたら「どちらかは息ができない」と答えた。

そうなんですよ、息ができないんです。

「あなたといると苦しいの、息ができない」

人と人だから相手のことを受け入れて我慢したり、許容することも必要だけどいくら好きでも一緒にいたくても空気がないと、太陽がないと、死んじゃうんだよ。

なにも言わなきゃ言わないで「怒りも泣きもしなかったじゃないか、俺のこと好きじゃないんだなって思った」と言われ、自己主張したらしたで子供っぽいケンカになり衝突する。

クライマックスいちこの叫びには心がギュッとなります。

てか、あの終わり方はちょっとドキッとするよね??あれ??りさ子????

 

「大事なのは誰を好きかじゃない。誰と一緒にいる自分を好きかということだ」

「自分を好きになれないと幸せになれない」

後生に残したい劇中の名言。

皆さんは、好きな人と一緒にいるときの自分のこと好きですか?

卑屈になって自分を過小評価してはいけないよっていう越智さんの言葉もとても良いね。

 

自分にはこれしかないのに

やめてしまったら、あきらめてしまったらどうなるだろうって恐れがあるから

いつまでも我慢して、しがみついて、自分を殺して、苦しんで、後悔して

むなしくて、悲しくて、前が見えない

でも続けることを放棄したら案外世界は開けてて、寛容で、明るくて、やさしいんだ。

 

 

昔、別れ際に「自分が幸せにならないと人の幸せは祈れないよ」と言われたことを思い出しました。 

なかなか深い言葉だったなあと今になって思います( ˘ω˘ ) 年の功だな。

 

 

2017年振り返り

年末っぽく今年1年を振り返るブログでも書いてみましょうかね

ブログに載せる良い写真ないかなってフォルダ見返してたんだけど8割方食べ物の写真で引きました

あ、これめちゃめちゃおいしいです(^ω^)

f:id:CLARICE20:20171231204732j:image

 

印象的だった演目とともに2017年を振り返りたいと思います

 

【1月】

 

f:id:CLARICE20:20171231195853j:image

まずね、あれだわ

写真撮るの下手か

画像フォルダ遡っててびっくりしたんだけど

写真撮るの下手すぎか

なんでこんな左に寄るのか

今年のベスト舞台を問われればこれと答える哀しくも美しい復讐劇フランケンシュタイン

ダブルキャストってすごいんですね!全然ちがうんですね!」って茶の間にわかみたいなことずっと言ってました。語彙力ねえわ。

初日見てきたぱらまりさんから「2017年イヤーオブ小西」って即LINE来て

2017年明けて1週間足らずで小西の2017年終了さしてきたから(初日1/8)まってwwwって思ったんだけどあながち間違ってなくて小西のピークあそこだったわ(年明けとともにピークを迎えるロケットスタート俳優小西遼生)

 缶バッジとか超だせえよラミカか下敷きだろwwwと常々言ってる昭和のおたくなのに調子に乗ってランダム缶バッジ買ってしまったのも思い出(謎の引きのよさ)
f:id:CLARICE20:20171231200659j:image

加藤和樹の良さがわからない加藤タイタニックで何してました?(主演)1789で何してました?(主演)って言いながら加藤アンリ見てシームレスに追チケ(追い焚きみたいに言うな)に移項

おたくの手のひら返しは稲妻より早い

そして大体の柿澤は大体人殺してひゃっはーして神になりたがる(やばい)

f:id:CLARICE20:20171231201704j:image
f:id:CLARICE20:20171231201753j:image

名古屋公演ではモーニング梯子

ほんとおまえら炭水化物しか食べてないよな

 

f:id:CLARICE20:20171231202212j:image

小池修一郎という名のスイーツはやはり1年に1回は摂取したいよね東宝婆だから

あのダサさが癖になるマダム小池のコレクションロミオ&ジュリエット

キャスト出たときいやこれどう考えても岡幸が若い芽を摘み取るだけのジャベールだろって言ってたのがなつかしい

マブダチ()()とかスピード()()とか大人のwwwwww力にwww負けたりしないwwwwwwwo~とかまだやってるんですねwww

いやーでもほんとそれでこそロミジュリっていうか。あのクソダサさこそロミジュリ。

スタイリッシュになってしまったらそれはそれで寂しいとおもう。いつまでも大人の力に()()とか言いながらフェイスブック()()しててくださいほんとに。

ていうか待って大野ロミオふつうによくないですか?????

おたくの手のひら返しは稲妻より早い

 

【2月】

 
f:id:CLARICE20:20171231203445j:image

日生のこのパネルをうまく取れない病気なのかなわたしは(^ω^)

フランケンでズタズタに荒んだ心を優しく暖めてくれる春のひだまりのような不思議なお伽噺ビッグフィッシュ

俺たちの浦井健治はいつだって裏切らない

とりあえず詮索されるのがめんどいから推しを聞かれたら浦井健治って答えとけばいいみたいなとこある(^ω^)

すぐ顔が丸くなろうとも

器用貧乏と言われ続けようと

歌が微妙と言われようとも

顔が微妙(笑うとブス)と言われようとも

永遠の二番手と言われようとも

スキニーが履けないからヴォルフできないんだよwwwと言われようとも

(※言ってるの全部うちらやん)

それでもやっぱり浦井健治が好きだし尊敬している俳優です。

 

【3月】

 

穏やかに、そして厳しく人間性と愛の意味をいまなお問いかける名作アルジャーノンに花束を

自身の年齢を重ねることで作品の感じ方って変わってきたりするんだけど、これもまさにそれだった。何年か後にまたみたら違うこと思うのかな。

我らの浦井先生の代表作でもあるこの役をぽっと出のイケメンがやるのかよ???ってなめてかかってすいませんでした(^ω^)

矢田悠祐いい俳優になるよ。

おたくの手のひら返しは稲妻より早い

 

【5月】

 

待ってましたのシーズン開幕華麗に咲き誇った髑髏城の七人season花

キャスト出たときに当たり前にヤマコーが天魔王でソンハ先生が蘭兵衛だと信じて疑ってなかったよね(^ω^)

新感線そういうとこある

わたしちゃんと劇場で見たのにびっくりするくらいワカの小栗旬の印象がなかったんだが花で一変、おたくの手のひら返しはry

小栗旬、ワカの時何してた????(主演)

回る客席にびっくりして本水にびっくりして…今となっては平気で「盆がないなら客席を回せばいいじゃない」ってアントワネット発言したり、いやいや流れるでしょ川くらいwwwみたいな気持ちになってるけど初めてのことって初めてしか体験できなくて、初めての感動や気持ちって嘘がなくて純粋で、何年経ってもいくつになっても大事にしたいなあっておもいました。

それでもあの劇場はクソ\(^o^)/

 

【6月】

 

おじさんたちの全力悪ふざけミュージカル界のグリブラことクラブセブン

かつて赤チョッキ着てバリケードの上でかっこよくきりりと歌っていた原田優一はなんかもう見るたびにくまのプーさんみたいになってくな???穴にはさまっておしりぬけなくなるやつやな??

再会した憧れの先輩アンジョルラスがなんかもうまるごとバナナ(意味深)になってたときの気持ちわかる?
f:id:CLARICE20:20171231205928j:image

クソみたいなクソコント繰り広げた後にクソかっこいいダンスを披露する全力おじさんたちに何度も魅了されて何度も惚れ直す。

役者は板の上に立ってるときが1番かっこいいというあたりまえのことを気づかせてくれる演目であります。

 

f:id:CLARICE20:20171231210636j:image

f:id:CLARICE20:20171231221152j:image 

この演目で大きくなりましたレミゼラブル

懐古厨だから新演出好きじゃねーんだわーむりだわーって言いながら結局エピローグで号泣。

レミゼってそういうとこある(^ω^)

歴代キャスト大集合のスペシャルカーテンコールは楽しかったですね。

みんなに介護される鹿賀丈史おじいちゃん長生きしてください!!

いつまでも大好きな作品。30周年おめでとうございます。

 

【7月】


f:id:CLARICE20:20171231221412j:image

f:id:CLARICE20:20171231221501j:image

抜け出せない深き考察沼!夏の通り雨のようにくるくる変わる新しい表情を見せてくれた髑髏城の七人season鳥

もうねフランケンのときにもかかったけどね「すごい」と「やばい」しか言えなくなる病気。

どうもステアラで回されてると人は語彙力と思考力と財布を三途の川に捨之介するようです

自分が見に行けない日は15分に1回くらいレポや感想検索してたわ(暇人か)

どの感想読んでもうんうんってなるしそれな!!っていいねボタン2000回押したかった。

人の感想や考察がすごく楽しい作品でした。

 

【8月】

 

嘘でもない、誇張でもない、とあるおたくの愛と闇の物語りさ子のガチ恋俳優沼

いやーーーすごい作品だった(^ω^)

なんかもうわたしの感想云々とかどうでも良いのでとりあえず見てくれってかんじ。

みなさんは推しのこと好きですか?

推しにどうあってほしいですか?

推しを推すの楽しいですか?

胸を張って「私の推しは最高です」って言えますか?

 

【9月】


f:id:CLARICE20:20171231225959j:image
f:id:CLARICE20:20171231230126j:image

爽やかに晴れ渡った気持ちの良い青空のような捨之介(と狸穴)にみんなが恋をした盗まれたのはあなたの心(^ω^)髑髏城の七人season風

鳥の時は、髑髏城辛いしんどい尊い好きしんどい尊い(財布を開く)の繰り返しだったんですが風は髑髏城たーのしー!!(財布を開く)っていう非常にポジティブなリピート(ポジピ)だった。

30センチくらい身長差ある捨沙かわいいかよ。

とりあえず誰かスチルください(夢髑髏)

むかいりちゃんは何がどうしてあの動きになってしまうのかいまだにわからないんだけど

何度もいうけど闇落ち後のまろ眉姫カットパラキス(蝶々の一張羅)むかいりちゃんは覚醒SSRやで。

 

【10月】

f:id:CLARICE20:20171231235327j:image
f:id:CLARICE20:20171231235121j:image

なぜか所々笑いが伴うめくるめく王道少女漫画の世界(すごく昭和くせえ)レディベス

初演見れなかったので初でした

古川のよさを聞かれたときの「フェ、フェリペとかよかったよ(レディベスみてません)」っていううちらの鉄板ネタがあってだな(どうでもいい)

あれやな小池修一郎演出のアベンジャーズ

吉野がトムヒでしょ知ってる

あーやかわいいって3000回くらい思った

ヒロインは自分の好みの女優で見ましょう(^ω^)という教訓

あと「吉野のスペイン男」というパワーワード

 

【11月】


f:id:CLARICE20:20180101002038j:image

感激すると人はほんともうずっと「あ…」て砂金出すだけのカオナシになるONEPIECE歌舞伎

全俺がカオナシ

尾上右近さん、ほんとうにほんとうにお疲れ様でした!!!!!!!

 

あ、写真撮ってない髑髏城の七人season月

 これの感想書けるのは来年かな(^ω^) 

 

【12月】

舞台好きによる舞台好きのためのハッピーミュージカルHEADS UP!

2000年代初期にこういうの流行りましたよね(^ω^)※伝われ

大事なことなので何度も言います

劇中の台詞です

チケットを売ったってことは、いい芝居をするって約束したってこと!!

 

 

こんな感じかな(^ω^)

今年はなかなか良い作品が多かったなー!

1年に20~30本くらい作品を見るのだけど、その中で良かった!もう1回見たい!って思える作品ってほんとに少ないし、さらに実際劇場に足を運んでリピートする作品ってもっと少ないでしょ?

そういう作品に出会えた人は幸せだと思う。

なにかを好きだった記憶ってなくなるわけじゃないから何年経っても思い出して元気になれたらいいよなあ。

来年もまた、そういう作品が増えたらいいなあ( ˘ω˘ )

出会いは一期一会で、意味があるから出会うんだと思います。意味があるからさよならするんだと思います。

 

こんなブログですが来年もマイペースに書いていけたら良いなあ。

読んでくれる方、反応くださる方がいるからモチベになるのです。

1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

 

広告を非表示にする

りさ子のガチ恋俳優沼と映画「何者」の話

こんにちは、かのこです。みなさまどんなクリスマスをお過ごしでしょうか。

はてブロって、しばらく記事更新しないと「そろそろ記事を書いてはどうでしょうか」みたいなお知らせが来るんですね( ˘ω˘ )余計なお世話ですwww

 

わたしはお友達と、この夏に界隈を震撼させた伝説の舞台「りさ子のガチ恋俳優沼」の観賞会をやりました

f:id:CLARICE20:20171225193533j:image

いやーなにこれもうめっちゃ充実したクリスマス( ˘ω˘ )最高かよ

ガッツおたくであれこれちゃちゃ入れながらりさ子観賞会するのめちゃめちゃ楽しいかよ

 

すぐに概念と定義の話を始めるおたくは、気がつけば碇ゲンドウみたいになりながら日が上り空が明るくなるまで飽きもせず感想戦を続けていたのでした。改めてすごい作品であるよ。


f:id:CLARICE20:20171225201627j:image

 

舞台見に行ったときに書いた記事です→りさ子のガチ恋♡俳優沼 - かのコレ

追記記事→【追記】りさ子のガチ恋♡俳優沼 - かのコレ

 

DVDで拝見させていただいて、自分の感想読み直したけど、やっぱりあの劇場で見たときに受けた衝撃や感情は変わらないし、今感想書けって言われてもわたしはたぶん同じこと感じるし、同じこと書くと思います。

ファンと一口に言ってもいろんな応援スタンスがあるわけで、その人の立場によって全然違う感想になると思うけど、わたしは今感想綴っても同じこと書くと思います。

 

ガチ恋繋がりでひとつ。

時を同じくして、いやまあいろいろあれですから詳しくは伏せますけどね、そういうの出すのどうかと思うのでね、あんまり言えないんですけどね、某アイドルの盛大に誤爆したクリスマスプレゼント()()という名の置き土産(と書いて結婚報告と読む)にtwitter中が沸いたじゃないですか。

しかもあまりにもうっかりすぎるフライング。

わざと?わざとなの???八兵衛なの?

あとね、今回の件だけじゃなくてね、いつも思うんですけど、

ご自身のライブ、イベント、封書などでのサプライズ報告、付き合って何年です、子供生まれます(生まれました)、周りのメンバーによる一連の気遣いと実は前から知ってたよ暴露「やっと言えるねーwwwwww」「協力してくれてありがとーwwwwww」

それ、いります??????

ねえ、それ、いります???????

何なの?

儀式なの???

様式美なの?????

諸行無常なの????

 

もう誰がどう結婚報告しても荒れるんだから

サイトなりブログなりtwitterなり公式から文字通り「結婚しました」だけの発表でよくないか。

そんなに難しいこと?

 

誰かのために(生きたって)君は君だよ

笑って 笑って 笑って

 

笑えねえだろおおおおおおおおおお岡田准一よぉぉぉぉぉ😂😂😂😂😂😂😂😂😂😂😂😂😂😂

笑えるのおまえらだけだろうよぉぉぉぉぉぉ😂😂😂😂😂😂😂😂😂

文字通り「愛のムチ(HONEY BEAT)」かよ

 (結局伏せてない)

 

いや別に氏のファンとかそういう大それたものではないですけど(普通に好きな俳優さんですよ!)あんたそりゃないよ鬼かよって思ったよね。

対象は違えども、好きな誰かを応援したい楽しみたいと思うファンという同じ立場であるから、心中お察ししてしまうわけで。

 

 Twitterのリツイで回ってきた岡田准一さんファンの方のブログ、引用させていただきます

自担 岡田准一の結婚に寄せて - 赤と白と黒

 

この方が、ブログの文中で、こう綴っていました。 印象的だったのでそのまま引用させていただきますね。

 

17年間ファンをしてきましたが、岡田くんは、「ジャニーズタレントのファン」でも「V6のファン」でも「俳優岡田准一のファン」でもない、「アイドル岡田准一のファン」がいることを一度も気に留めてくれなかった。

 

(中略)

 
「アイドル岡田准一」を好きな気持ちを、岡田くんはほとんど受け止めてくれなかったように感じています。これは、ファンとして本当に寂しいこと。「V6岡田准一のファンでいてくれてありがとう。みんなのことが大好きです。」って、嘘でもいいから言われてみたかった。感謝されたいんじゃない、アイドル岡田准一を好きな人間がいるっていう事を受け止めてほしかった。

 

 りさ子のガチ恋俳優沼劇中にもそういう台詞出てきたし、わたしも感想記事に書いたけど

「知ってほしかった」

ファンの気持ちはこの一言に集約されてると思うんです。

感謝されたいとか見返りがほしいとかじゃなくて、好きだという気持ちを「知ってほしかった」んです。

あなたのことが大好きで、応援しているよということ、俳優としてでもなく、V6のいちメンバーとしてでもなく、アイドル岡田准一が好きだということ

そういうファンの気持ちとか、そういう人がいるんだよということを「知ってほしかった」

ただ、「知ってほしかった」

りさ子が言ってたよ。「ファンの好きって気持ちなめないで」

 好きな気持ちを「知ってほしかった」

 

過去を懐古するようになってしまったり、推しになにかを求めてしまうようになってしまった時点でもうダメなんだろうなってわたしも思うけどもやっぱり愛情ってきちんと手にかけないと死ぬんですよ。

かかった年月とかお金とか気持ちとか、もう、関係無く。死ぬんですよ。

愛って死ぬんです。

 

ファンってさ、推しの言葉をいつも待ってるんだよ。あなたたちからの言葉がほしいんだよ。

友達でも恋人でもない、会えるわけじゃない。直接話せるわけじゃない。

だから推しが公式に発する言葉が、行いがすべてなんだよ。

それを待ってるんだよ。

あなたからの「ありがとう」って言葉や、返してくれる気持ちがどれほど嬉しいか、知らないでしょう。

ファンは俳優の気持ちはわからない。俳優はファンの気持ちはわからない。自分の気持ちでさえわからないときがあるのに、他人の気持ちなんてわからないよね。

でも、言わないとわからないことってあるんだよね。

理解できなくても許容できることってあるよ。

 

 先日、映画「何者」を見ました。

最近舞台化もされましたね。

 

何者 DVD 通常版

何者 DVD 通常版

 

 就活を題材に、登場人物の苦悩や葛藤を描いた作品です。

 この映画見ながらずっと、「りさ子に似てるな~」って思ってました。

 

就活を体験した人ならわかるけどあれほんと辛いんだよね。来る日も来る日もエントリーして試験受けて面接受けて、そうやってかけた労力を「貴方の今後のご活躍をお祈りしております(なーんちゃって絶対思ってないよーーん!ざまあ)」の一斉送信メール1本で片付けられる。

自分の人格を否定されたみたいで、無視されて、拒否されて、ほんとに落ち込むんだよ。思い出すだけでスンッてなるよ。就活こわい。

 

自分が「何者」であるかをたぶん人はずっと模索してるんだね。

誰と関わってどう生きるのか。その上で自分が「何者」であるかをたぶんずっと探してるんだよね。そうやって自分の居場所を形成する。就活だけじゃなくてね、人間関係ってそうじゃん。人生ってその繰り返し。

 

知ってほしい、認めてほしい、肯定されたい

 

どういう形であれ、人と関わって生きていくのだから誰もがみんな承認欲求を持っている。

ふつうのことだよ。

 

ほんとはみんな、ただ、ほかの誰でもない自分が想う誰かに、何かに、自分という存在を肯定されて認められたいだけなんだろうね。

 

りさ子を見て、何者を見て、そんなことを思いました。

 

 

風髑髏終演

 

風髑髏終わりました!


f:id:CLARICE20:20171116083216j:image

いや何日経ってるんだって話ですけど

極のキャスト出ちゃったけど

もう月始まるけど

 

なんだかもう今年はほんとに髑髏城の七人と一緒に季節が過ぎていきますね

春夏秋冬花鳥風月

半袖が薄手の長袖になって、この時期って着る服ないよね~毎年何着てたかわからんよね~って友達と話してたり、鳥の頃はマチネ終わるとまだ明るかったのに、風はマチネ終わるともう暗くなってて、日が短くなったなあと思って季節の移り変わりを感じておりました。

 

風髑髏は久々に初日からの参戦。

この手に汗にぎる大丈夫か?大丈夫か?っていう初日のドキドキ感も久々。

どんな舞台も初日はやばい(^ω^)

 

あの大がかりなセットで同じストーリー演出変えて3回目だよ?

あたまおかしい(^ω^) 

それもうガラスの仮面の世界だよ(忘れられた広野)

いみわからん。すげえよ。あと2回あるんでしょ?変身をあと2回残してるフリーザかよ

さすがに3回目ともなるとスクリーンの映像演出なんかはだいぶ洗練されてて風の演出かなり好きでした。

いのうえさんの何かのインタビュー読んだら、ステアラはセット組みっぱなしにしておけるメリットに対してピンスポが使えないとか舞台の奥行きがなくて狭いとかのデメリットの話をされててなるほどたしかに。

ステアラって舞台の奥行きがないのと客席の傾斜がないのとで、わりと後方列でもあんま遠いかんじしないんだよね。

久々にワカのDVD見たら舞台広っ!!てびっくりした。そうか奥行きの問題か。

 

台風が2週連続直撃したり、初の公演中止が起きたり何かとトラブルに見舞われたのも風。

むしろ今まで大きな事故なくやれてこれてたのがすごい。(映像が止まるとかの小さいトラブルはあったけど)

 あの劇場であの演出でやる以上こういったリスクは常にあるんだよね。忘れがちだけど。

見てないから誰か怪我人が出るとかのトラブルじゃなかったからよかったねー!みたいなムードだったけど、これわたし実際現地にいて、この公演しか見れなかったり何なら地方から来てたとかだったらもうほんとすげえ怒ってたし悲しくてめちゃめちゃへこんでいたと思う…

こういうのってさ返金したからいいでしょ、振り替えたからいいでしょとかそういう問題じゃなくて、純粋に楽しみにしてた気持ちをぽっきり折られたのと、仕方ないことはわかっているけどその怒りや悲しみのぶつけどころがないから、ただただ悲しいっていうそういうことじゃないですか。

 このやり場のない思いって辛いよね…

最後までやりきれなかった役者さんも辛いし。

 

風髑髏も楽しかった~

花鳥に比べたらシンプルであっさりめの落ち着いた印象だけど何より蒼の乱の小次郎の転生みたいな風捨が大好きで、わたし今まで捨之介って別にそんな好きじゃなかったんだけどこの5シーズン髑髏(まとめて何髑髏っていうんだろ?)始まってからは捨之介大好きになった。風は、人を愛し、人に愛される人から人にめぐる強く自由な風のような捨之介だった。

 沙霧の「あたしは城を作る!」の後、嬉しそうに大きく笑う捨之介が大好きだったよ。

 

なんか時間が流れるのが早すぎて花や鳥やってたのがすごい昔のことのようです…たった数ヵ月前なのにね。

おたくはすぐに電光石火の手のひら返しするから月もなんだかんだ楽しみなのです

いろいろつっこみどころ満載なのだろうな( ˘ω˘ )

何かを見てつまらんなとかダメだわって思ってしまうときって、自分はこの作品のターゲット層ではないんだろうなと思ってスッと引くようにすることにしました。「楽しいと思えるものだけを好きなときに」そうするだけでずっとずっと楽になりました。

いや本来趣味娯楽ってそういうもんだけどな!

楽しさを見つけられるって才能だと思うよ!

 

あ、VS嵐見たけど、いっけいおじさんが1番かわいかったです( ˘ω˘ )

 

 

広告を非表示にする

風髑髏2日目

風髑髏2日目も楽しく観劇してきました\(^o^)/

なんかもう2回目だからか、初日でウワァ~ないわ~って思ったのも見慣れてきたからそこまでウワァ~ないわ~(^ω^)ってならんかったよ

むかいりはもうたのむから動かないでしゃべらないで柱に擬態してて千の風になってあの大きな空を吹き渡ってって思ったけど

この子を早く森に返してって思ったけど

 

もうね、しょうがないよ鳥の後は誰がやっても物足りないし叩かれるよ

民衆が鳥のレベルに慣らされてるけど鳥が異常だからね!??

みんな風うーんって言ってるけどもっとやばい月がこの後まだ控えてるんだからね????

むかいりの比じゃないからね????

髑髏城の七人という名の最強の鎧に蘭兵衛という弱点を作ったって鳥の殿が言ってた

 

このロングラン公演におけるキャストや演出変更問題よくわかるんです。

わたしもレミゼラブルやエリザベート大好きだったしあんなに通ってたのにキャスト変わって演出変わったら全然行かなくなってしまったから。

自分が最初に見た公演や1番数入った公演ってほんとに特別なんだよね。

評判がどうでも出来がどうでも自分の中でそれが最高だと思ってるよ。他と比べてどうこうとかじゃなくて、自分のなかで1番のものが1番なんだよ。

そして、あのときあの公演を見られてほんとによかったって思ってるよ。見られなかった人ざまあくらいの気持ちだよ。

変わってしまったものがどうしても受け入れられないってあるよね。

あー違うなーって思って違和感を感じて良いとか悪いとかじゃなくてその小さな違和感がとても悲しかったり寂しかったりしてしまうんだよね。

でもそれを無理に受け入れる必要はないと思うし無理に好きになろうとしなくていいと思う。

もういいんだよ。あと半年髑髏城やってるし、気が向いたときに「やってる?」って飲み屋感覚で来たらいいんだよ。

(とりあえず帝劇行ったらレミゼかエリザがサイゴンどれかやってんだろみたいな気持ち)

 

わたしはキャストが発表になったときが1番元気になる茶の間だしバクスタでかっぱえびせん食べなからやいやいヤジをとばすタイプのサポーターなので(最低野郎か)気楽に楽しんでしまうほうです

 

 

風髑髏もたのしいよ!

 

捨と沙霧がかわいいよ!

ころころして動物のようにかわいい2人。

ズートピアで全女子をキュンキュンさせたあの台詞

You know you love me.
Do I know that? …Yes, yes I do.
「俺のこと好きなんだろ?」
「どうかしら…そうね、大好きよ」(みたいなニュアンス)

を素でやりそうなラブコメ捨沙。

かわいい。すごくかわいい。

 

むかいりが綺麗なおべべ着せてもらってるよ!

あの衣装パラダイスキスのオマージュだから

※ちがいます

 

狸穴様がかっこいいよ!

イケおじさんだよ!イケ康様だよ!

正直いまのところ安心して見てられるのは狸穴様と兄さと三五だけだよ(^ω^)

 

じゅんさんの登場シーンの音楽が最高だよ!

ここはツーロンじゃねえwww

 

 

なんか、風のいいとこ全然思い付かなかったよ\(^o^)/

 

 

でも風楽しかったんだよ(説得力)

 

広告を非表示にする

風髑髏初日!

まずは何はともあれ初日おめでとうございます!

長い長いお稽古を経てお客さん入れて幕が降りてキャストさんスタッフさんたちもまずはほっと息をつかれたことでしょう。

 

ロビーには、製作発表のときに作られた松ケン人形がお出迎え。

みんな写真撮ってたよ
f:id:CLARICE20:20170916002244j:image

 

まーこれは初日あるあるなんですけどね

とにかくバタバタ

キャストの緊張が手にとるようにわかる

さぐりさぐり

そりゃあ粗も見えちゃう

 

だってもうさキャストよりお客さんのほうが髑髏城の七人見てるわけじゃん(^ω^)?

#舞台あるある

 

あと完全に2幕のほうが稽古してるよね(^ω^)?

#舞台あるある

#どこ力いれて稽古しててどこあんまやってないかすぐわかる

 

1幕どうしようかとおもったぞ

 

 

明日でどうにかしてくれ(^ω^)

 

 

なんかね、各髑髏のいろんな要素を踏襲しててヒェッてなったよ楽しかった!

 

 

あたりまえなんですが、映像の芝居する人が多いので舞台と映像の芝居ってちがうんだなあと改めて。

(たとえば未來の芝居は舞台だと良いけど映像で見るとくどかったりするじゃないですか。あと舞台でイマイチだった小栗は映像で見たらめっちゃよかった)

風は映像で見たら良いかもしれん。

 

 

各キャストの印象簡単に

 

捨:かっこいい!サダヲのかわいさが先行する捨をずっと見てたから余計にそうおもうのかな(笑)

飄々としてさわやか。沙霧に対してボディタッチが多くて身長差もあいまって大変かわいいカップル。シルバニアみてえな顔しやがってよって思ったけどそういえばこの人もホリプロやん(シルバニアの国)

なんどもいうけどゆるふわ巻きのハーフアップになるのくっそかっこいい

とにかく二役と早替えがんばってくれ(^ω^)

 

蘭:きれいな棒(それただの棒っていう)

小顔マッチ棒(それもただの棒)

もうさ、しょうがないよ。誰も早乙女太一の後に蘭兵衛やりたくないよね\(^o^)/

廣瀬も三浦もむかいりというワンクッションあってよかったと思ってるよ絶対

小栗旬も若のときそうだったけどとにかく殺陣になると棒立ちが目立つ。背の高い人はリーチが長いぶん仕方ないとこもあるのだけど(殺陣の上手い人はみんな重心が低いのです)

.5舞台で慣れない殺陣やらされてる若手俳優

(大体合ってる)

むかいり陰陽師みたいだからさ、念とか呪符とかで敵倒したら良いんじゃないかな!むかいりは動かずともハッ!てやったらみんながウワァってやられてくれるやつ

 

沙:あのむっちり感がたまらん(オッサンか)

お腹や背中がチラチラ見えるたびにドキドキしてまう(オッサン)

子犬のように人なつっこくて元気な沙霧。かわいい。

器械体操やってたそうで、ちょいちょいアクションも(花沙霧ほどではないが)

Twitterにも書いたけど捨とのコンビはズートピアのニックとジュディのよう…かわいい

 

太夫:かわいいけどチャラい。元気すぎてあんまり太夫ってかんじではない(笑)花と鳥の貫禄がすごかったからな(^ω^)

ピンクの大夫。むかいりもそうなんだけどテニサー無界屋ってかんじ(^ω^)

足むっちゃ出しててオッサンはry

れなちゃん自身があまり色気のあるタイプではないのであれなんですけど(^ω^)

兵庫と太夫カップル果たしてお互いのことほんとに好きなのか(笑)もっとラブラブしてほしい(ノマカプ厨)

 

兵庫:武骨でいかつい人が小声でぼそぼそおもしろいこと言っててうけるwww体液www体液言い過ぎwww

鳥兵庫にひっぱられてるのかなってとこがけっこうおおい。くんろーも律儀にやろうとして狸穴さんから「毎日変えなくていいよ」と言われる

だいぶ疲れてたがんばれおじさん

 

贋:ただの橋本じゅん

 

磯&三:ザ★安定感。発声からちがうぜ。

三五好きだ。ワンピースに出てくる弱いくせに最後まで同行する仲間みたいって前ぱらまりさんが言ってたっけ(笑)

 

狸:安心して見てられるのこの人と兄さと三五くらいでした!!!!!!!

 

 

いろいろ書いたけどでもこれぜったい後半化けるとおもうんだ!

もうちょっとテンポあげてキャストがこなれてきたら。まだみんな余裕がない。

俺たちの戦いは始まったばかりだ(最終回かよ)

 

いや初日にちゃんと仕上げといてくれよって話だけどさ(^ω^)!!!!!

 

 

月髑髏もたぶんこんなかんじになるとおもう(^ω^)!!!

 

訳:めっちゃ楽しかったです

 

広告を非表示にする

鳥髑髏終演しました

「長かった!!!!!」っていう森山未來先生のカテコの第一声の通り長期公演ほんとうにお疲れ様でした。
キャストさんもスタッフさんも豊洲という僻地のうんこみたいな劇場に通い続けたお客さんもほんとにお疲れ様でした。


個人的に鳥髑髏の記憶は「雨」です。まーよく降ったよな(^ω^)
気まぐれな通り雨だったり、それが急にカラッカラに晴れ渡ったり、静かなしとやかな雨だったり。
そんな夏の空のようにころころ変わり、時に激しく時に優しくいろんな表情を見せてくれる作品でした。
さいごにブログに感想書こうかなーって思ってたんだけどそういうのたくさんtwitterに書いたからもういいわ(^ω^)

フォロワーさんのどなたかが言ってたんだけど「鳥髑髏の実写化は無理」ってのがだいぶパワーワードでしたwww
友達にその話したら「そうだよね早乙女太一の実写化とか絶対無理だもんね」って言ってたわ。


実写化は無理(^ω^)


鳥髑髏と天海祐希の実写化は無理(^ω^)


どんな作品にも初日があって千秋楽があるわけで。いつかは終わるんだろうなって常に思ってるけど、
なんだかこの作品はあたりまえにそこにあっていつまでもずっと続いていくようなそんな錯覚を日々感じておりました。
終わってしまったなあとは思うけど、ロスとかはないかなあ。毎日幸せだったから。

なんなら記憶を消してもっかい鳥見てえわそして幕あいに「やばい(やばい)」「語彙力(やばい)」って言いながらチケット追加したい(ってフランケンのときも言ってた)


この観劇という趣味をやっててよかったなあって特に思うのは
カテコで役者さんたちの幸せそうなほっとしたような充実した笑顔を見たときと
その役者さんが積み上げてきたものとか歩んできた行程とか何を以て役を全うするのかが垣間見えたときです。

板の上の人生にその人の人生が見えるんだよね。
その人を何年ぶりとかに見ることもあるじゃないですか。
こんな芝居をするようになったんだなあとかこんな表情もするんだなあとかそういうのが見られるのってすごく嬉しい。

好きだなあとか、また見たいなあって思える俳優さんや作品に出会えた人はすごく幸せだと思う。
なかなかないことだよ。長いことこの趣味やっていろんなもの見たけどそういうふうに思えるのってほんと一握り。人の心をうごかすのってそれだけ難しいことなんだよね。

 

演出でも音楽でも役者の芝居でも台詞でも、なにかひとつでも観客の心に残るものがあれば、それは意味のあるものだったとわたしは思います。

 

f:id:CLARICE20:20170905171406j:image

風もたのしみー‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››